goe監督のFM日記。

FootballManagerというマニア向けサッカー監督シミュレーションのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Nottingham Forest 14-15 その2。

親善試合とヨーロッパリーグ3次予選から。


031101.jpg

3次予選はスイスリーグ5位のLuzern。
親善試合と合わせて試合勘を取り戻すのに使わせていただきました。
このあたりはまだ戦術練習に思いっきりウェイトを割いています。

そしていよいよ開幕戦。

■ vs Arsenal (8/16 Sat,Away,PremierLeague)

13-14シーズンは3位だったアーセナル。
昨シーズン、FAカップ4回戦では手も足も出ず0-2で完敗しています。

夏の補強でナポリからインシーニェ、ポルトからアレックス・サンドロを獲得しており
選手層の薄かったFWと右SBを強化していました。
この試合では両者を左サイドのWGとSBに置いた4-0-2-3-1でスタート。
こちらは4-1-2-1-2、両CBとCFに期待の新戦力。

031102.jpg

試合の主導権は完全にアーセナル。そりゃまぁそうだ。
こちらとしてはカウンターでチャンスを作りたいのですが、
アーセナルのハイプレスを受けてパスミスを繰り返し、前線までボールを運べません。

前半はなんとか凌いで0-0でハーフタイムを迎え、中盤の役割を少し変更。
ともかく前に運べないと話にならないので
コーエンをBtBからLMに、マィエフスキをAMからChMに、ランズベリーをChMからCMサポートに。
また、DFラインからのパスをカットされる場面が目立ったので、GKダルロウには
ボールをアンカーのヴァズに出すよう指示変更。
とにかく前線までボールを運ぶことを目指させました。

後半もボール支配はアーセナルのままですが、前半よりもパスは繋がるように。
少しずつチャンスを作れるようになりつつあった66分。

031103.jpg

GKシュチェスニーの不用意なパスに、コックスが反応して

031104.jpg

ダイレクトでシュート!

031105.jpg

綺麗な弧を描きながらアーセナルゴールへ!
まさかのミスで幸運な先制。

失点直後、アーセナルはすぐにベントナーを投入して4-4-2へ変更。
こちらも運動量の落ちてきたAMCマィエフスキを下げてCBホブスを投入し、3-3-2-0-2へシフト。

が、ここで今度は自分がミス。
戦術変更すると相手への対応が全てリセットされるのを失念していました。
慌てて指示しますが、指示が反映される前に
DF裏へのお手本のような飛び出しからエジルに決められて同点に。

なんとも悔やまれる失点。
気を取り直し、ほとんどボールに絡めないヴィドラをブラックストックに交代。
元々負け覚悟の試合ですし、腹を括って攻めに出ます。

すると73分、右CKからホブスのヘディング→GK弾く→反応したのは…

031106.jpg

新加入のショウクロス!
ここまでジルーをよく抑えてくれた彼が、見事な決勝点を挙げてくれました。

その後はさらに前がかりになるアーセナルにカウンターで対抗。
85分にはコックス、ロスタイムにはブラックストックも得点を挙げ、1-4での開幕戦勝利です。

031107.jpg

031108.jpg

改めて見たら前半はシュート1本しか打ててませんね。
DFのパス成功率もかなり酷いもので、よくぞ勝てたもんだと…

決定機は全て後半のもの。
勝ちはしたものの、シュチェスニーのミスがなけれな厳しかったと思います。
トップチームとの力の差を感じさせられた試合でした。




■ vs Manchester City (8/24 Sun,Home,PremierLeague)

アーセナル戦後、ヨーロッパリーグプレイオフ第1戦のOmonoiaとのアウェイ戦を挟んでプレミア2試合目。
昨シーズンのリーグカップ決勝の相手との再戦です。

マンCはこの夏、バルサからアレクシス・サンチェスを獲得。
また昨シーズンにはレアル・マドリーからヴァラン、OMからアンドレ・アユーを獲得しています。
意外とお金使ってないなぁ。

031109.jpg

この試合でも、相手に合わせて4-1-2-1-2でスタート。
マィエフスキは軽い怪我で使えず、代役は若手のシグルヨウンソン。
CFは親善試合からここまで無得点のヴィドラを外し、ブラックストックを先発に。

アーセナル戦と同じような展開になるだろうとの予想から、
中盤の役割はアーセナル戦後半のようにボールを前に運ぶことに主眼を置くようにしました。

序盤は比較的五分でしたが、徐々に押し込まれるようになってしまい、なんとか水際で跳ね返す流れに。
しかし38分、ついに先制されてしまいました。

031110.jpg

ショウクロスがボールを追って飛び出してしまい、空いたスペースにCMFミルナーが猛ダッシュ。

031111.jpg

ヴァズが追いかけるもその前にロブショットを打たれてしまいました。
まだ連携が十分なレベルにはないので、こういう失点があるのは仕方がありません。


前半もあと少しとなった44分にはこちらにも決定機。

031112.jpg

鋭い出足でアグエロへのパスをカットしたヴァズが、すぐさま前線のブラックストックへ。

031113.jpg

コックスをマークするヴァランの後ろから、シグルヨウンソンが走りこんできて

031114.jpg

CBの間に飛び込みます。

031115.jpg

慌てて追うコンパニとヴァランに追いつかれる前に見事なゴール。

狙い通り、中盤でのボール奪取から一気のカウンターで同点に。


後半は、ホームだし出来れば勝ち点3を、と早めの交代策で攻めに出ましたが得点は奪えず。
マンCもネグレド、ヨベティッチと攻撃のカードを次々繰り出して攻めますが
こちらの守備陣が奮闘し、最後まで耐え切って1-1のドロー。

031116.jpg

031117.jpg

とりわけショウクロスとヴァズの奮闘が光りました。
ショウクロスはタックル13/13、ヘディング17/17,インターセプト18。
ヴァズはタックル10/10、インターセプト15。
勝ち点1ながら満足の試合内容です。



この2試合を含め、8月はこんな成果でした。

031118.jpg

リーグ3戦目のカーディフ戦は危なげない試合内容で完勝。
格下キプロスのOmonoia相手のプレーオフも2戦合計8-0で文句なし。
これでヨーロッパリーグはグループステージ進出が決定しました。

このあとの抽選でグループステージは、
アンデルレヒト(ベルギー)・シオン(スイス)・メタリスト(ウクライナ)と同居。

アンデルレヒトはベルギーリーグで最多優勝を誇る強豪チーム。
メタリストはここ数年、欧州カップ戦に出場し続けています。
シオンはガットゥーゾがプレイングマネージャーをしていたことで日本でも知られていますね。
無理ではないけと楽観できるほどでもない、という難易度ではないでしょうか。


ともかく、リーグ開幕3戦を2勝1分は出来過ぎと言ってよい結果です。
アーセナル・マンC相手だったわけですし。
新戦力も十分に力があるところを見せてくれました。

あとの不安は未だ無得点のFWヴィドラ。
シュート数はチーム最多ですが、枠に飛ばなさすぎる。
周囲との連携が成熟すればもう少し良い状態でシュートが打てるだろうし
改善出来る可能性はあるのですが…

一応、昨シーズン前半活躍してくれたマッキーもまだこのチームにいます。
でも彼は、最終戦直前に出場機会の少なさを訴えてきて
説得にも応じず移籍志願しやがったのでU-20に落として干しています。
今更こいつを使う気は全くないので、彼に復調してもらわねば。
(ちなみにどのチームからも興味を持ってすら貰えませんでした。)

9月からはヨーロッパリーグのグループリーグにリーグカップも入ってきて
日程が詰まってくるだけに、ヴィドラには活躍してもらわなければ。


というわけで次回は9月から!
スポンサーサイト
  1. 2014/03/12(水) 01:53:50|
  2. FM2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はじめに。 | ホーム | Nottingham Forest 14-15 その1。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://goechan99.blog.fc2.com/tb.php/14-65097b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

goechan

Author:goechan
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
FM2014 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。