goe監督のFM日記。

FootballManagerというマニア向けサッカー監督シミュレーションのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Nottingham Forest 13-14 その4。

■ vs Bolton (8/17 Sat,Home,Championship)

練習中の怪我でCoxが離脱、Lassadは体調回復しきっていなかったため、
F9にMackie、CFにBlackstockを配置。
Boltonの4-2-0-3-1に対してこちらは4-1-2-1-2。

立ち上がりはCH2枚へのプレッシャーが緩く、引いてきたMackieとの連携から
2分にMackie、4分にBlackstockと立て続けにゴール。

2点目。

と、幸先は良かったのですがー。

しばらくは五分の展開が続き、30分には左CKからLee Chung-Yongにニアに飛び込まれて失点。
さらに前半ロスタイムには、中途半端なクリアボールをカットされて
そのまま速攻からマークを振り切ったLee Chung-Yongにファインゴールを決められました。


ハーフタイム、組み立ては機能しているのでそのままにし
トップ下で攻撃の起点になっていたMoritz対策として、BBM(BoxToBoxMF)のGillettにマンマーク指示。

これでBoltonの攻撃は、両ウィングによるドリブル突破だけになり、危なげなく跳ね返せるように。

一方で序盤の2得点以降は好機を作れずにいた攻撃陣は
最前線のBlackstockが全く絡めなくなっていたために52分Lassadを投入。
彼をF9に、CFにMackieとすると、AMCも含めた3人でチャンスを作れるようになりました。

そして64分、待望の勝ち越しゴール。
3点目!

DFとの競り合いからこぼれたボールをかっさらい独走したMackieが勝ち越しゴール!

73分には、

ボールキープから

バイタルエリアに上がってきたGillettがCBを引きつけて

スルーパス!

Lassadへのスルーパス。これで4-2となり勝負あり。

終了間際にはこの日中盤で大活躍してくれたGillettがパスカットから持ち込んで5点目。

終わってみれば5-2で大勝。チームトークでは選手たちを賞賛して士気さらにアップ。
結果
MVPは2得点アシストのMackieですが、俺監督としてはGillettにあげたいところ。
放出候補だったので選手紹介ではスルーしていましたが
スキルは低めですが、BBMとしては運動量・チームワークどっちも16なのが効いているのか、
攻守両面で積極的にボールに絡んでおり、上手く使えば十分な戦力になってくれそうです。

スタッツは以下。
スタッツ
メディア予想5位のBoltonは我々よりも高い評価を得ている初めての相手。
強豪相手にこれだけの決定機を生み出せたことで、今の戦術にはちょっと自信を持てました。
守備面では2失点したものの、これは相手のスピードにやられたという感じ。
なのであんまり気にしていません。

試合後のチームトークもハマって選手全員の士気が上がったところで次の試合。


■ vs Watford (8/24 Sat,Away,Championship)
我々レッズ同様の3バックで迎え撃つワトフォード。
中盤の並びはCH2枚+アンカーのレッズに対し、ワトフォードは3CHが横並びの形。
メディア予想4位、昨シーズンは3位でプレーオフに進出しており、強いチームです。
特にCH3人がいずれもパス能力に優れていて、今日もボール支配は期待薄です。

結果。
結果
Lansburyのファウルで与えたPKを決められて先制され
終始ボールを支配されましたが、決定的な場面は作らせず耐え続け
Cohenのミドル2発で逆転勝利。
Away戦でしたが格上相手に逆転勝利!

スタッツ
支配率は圧倒的。中盤3枚だけで比較すると、
ワトフォード:パス本数304本 成功279本
ノッティンガム:パス本数147本 成功107本 と倍以上のパスを通されています。

数字だけで見ると、好き放題されてるように見えますが
CHにタテの動きが乏しかったワトフォードは、ほとんどが横へのパスでした。
一方でノッティンガムは、キーとなるパスが7本(ワトフォードは3本)。
特に「ポジションを離れていい」と個別指示を出しているBBMのCohenは
機を見て前線へ飛び出すことでタテへとボールを引き出しており、この点が大きな違いになりました。

もちろんそこに穴が出来るわけですが、これをカバーさせるためにDHをアンカーにしています。
このデータを残してハーフバックも試してみたのですが、違いがいまひとつ分からず…どう使うんだろこれ。


■ vs Huddersfield (8/27 Tue,Home,LeagueCup)
中2日でリーグカップ2回戦。相手は開幕戦の相手ハダーズフィールド。
カップ戦は基本的にサブメンバー主体で臨みます。

右CBのLascellesが非常に不安定な出来で、前半2失点。
1点目はファーサイトへのCKを簡単に折り返されてダイレクトボレー。
2点目は右からの速いクロスに対してニアへの飛び込みを許してしまい失点。


期待の若手ではありますが、今日の出来ではさらに失点を招きかねないため前半終了とともに交替。
ハーフタイムのチームトークは厳しい言葉で奮起を促します。

その結果。

結果
後半3ゴールで大逆転勝利!

スタッツ
後半盛り返してなんとか体裁を保った、という感じです。
前線の決定力に助けられた試合でした。

まだ19歳ですが、この日のキャプテンを任せたラセルスを早くに交替したことは
彼のメンタル面に影響していないか心配しましたが、

らせるすのこめんと。

問題なさそうです。焦らず育てていきたいなー。


8月最終戦となる次戦は、メディア予想1位、WiganとのAway戦です。


■ vs Wigan (8/31 Sat,Away,Championship)
昇格候補筆頭らしく、戦力も充実したチームが相手です。
昨シーズンはプレミア18位となり降格しましたが、FAカップではマンチェスター・シティを破って優勝しています。
中村俊輔がセルティック時代にチームメイトだったショーン・マロニーや
日本とも対戦したオマーン代表GKアル・ハブシ、
香川真司と一緒にマンチェスター・ユナイテッドの入団会見に臨んだニック・パウエルなど
ベテランから若手まで好選手が揃っています。


カップ戦を休ませた主力が万全の状態でスタメンに揃う我々レッズにとっては、自分たちの力を測ると共に
ここで良い結果を出せるようなら、昇格に向けて一気に弾みがつきそうです。

Wiganは中盤フラットの4-4-2,こちらは3-3-2-0-2で試合開始。

前半5分に早くも大きなチャンス。
右サイド突破
Jaraの右サイド突破から、

先制!
ゴール前に飛び込んだCohenのヘディングで先制!
幸先の良いスタートです。


しかし20分、ありえないミスで失点を招きます。

無事キャッチ
イージーなシュートをキャッチしたGKのDarlow。

さー攻めるぞう!
相手FWが近くにいるのになぜか目の前のKeaneにスローイング…

ちょ、なんでこっちに出すのよ!?
プレスを避けようとKeaneがボールを戻すと…

急に返されたら…ああああ!!!

コケた。

ゴチです!
弾いたところを簡単に押し込まれて失点。


これは恥ずかしい。
自分なら即交替させてくれと要求するレベル…



が!


そんな窮地を3バック戦術の肝である両WBが救ってくれました!

クロス!
39分、オープンスペースに出したボールに右WBのRoweが追いついてクロス。

FWには合わずにそのままゴールエリアを横断しそうなボールに…

勝ち越し!
Jaraが飛び込んでダイレクトボレー!

今回も画面外からの猛ダッシュでした。
こういう得点は気持ちいいですねー。

後半はやや押され気味な展開でしたが、相手の両サイドハーフをしっかり抑えて
前線へのボール配給を困難にし、危ない場面を作られないまま終了。

結果
ロスタイムにJaraが2枚目のイエローで退場になったのは残念ですが
優勝候補筆頭を相手に勝ち切れたのは大きな成果です。

スタッツ
相変わらず支配率は50%未満が続きますが、今の戦術ではやむを得ませんね。
パス成功率がなかなか改善出来ない点は今後の課題です。

8月は前線の決定力に助けられた1ヶ月でした。
この試合でも13本中7本を枠内に飛ばしており、この点が勝ちきれているポイントではないかと。
個人能力に依存しているということでもあるので
この辺はチームとして決定機をより多く作るなどは考えて行く必要がありそうです。


長々とやってきましたが8月が終了。

8月全成績
縮小してるのでちょっと見辛いかもですが、今月の全結果。

1試合平均2.4点(リーグのみ)は上出来なのですが
格下相手のリーグカップ初戦を除くと毎試合失点しているのはちょっとなぁという感じ。

難しいけどこうやって試行錯誤して改善していくのはFMの面白さですなー。



というわけで次回は9月へ!
スポンサーサイト
  1. 2014/02/20(木) 03:34:31|
  2. FM2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Nottingham Forest 13-14 その5。 | ホーム | Nottingham Forest 13-14 その3。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://goechan99.blog.fc2.com/tb.php/6-9a4134d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:goechan
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
FM2014 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。