goe監督のFM日記。

FootballManagerというマニア向けサッカー監督シミュレーションのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Nottingham Forest 13-14 その7。

10月最後の試合から再開。

■ vs Norwich (10/29 Tue,Home,LeagueCup)
リーグカップ4回戦、理事会からは3回戦進出を求められていたのでノルマはクリア済み。
プレミアのチームとの初対戦、どの程度やれるかを見るには良い機会です。

4-2-3AMC-1のノリッジは、高い位置でのボール奪取から
速攻を仕掛けてきますがシュートは遠めからばかり。
一方こちらはTMのミラーに当ててカウンターを狙うものの
精度の低さから決定的な場面には繋がらず。

特に中盤へのプレスをこちらが突破できずに苦戦しました。
ボール支配率は35%と酷い有り様。


なので、中盤の役割を少し変更し、2CHをBBM+BGからLM+ChMに変更。

00102.jpg
   ↓   ↓   ↓
00103.jpg

BGがボールを追ってしまうので取り返した時に低い位置にいるため、前へのパスコースがなく
精度の低いロングパスばかりになってしまっていたのを改善するのが目的です。
リンクマン(LM)は今まで使ったことなかったのですけど
鬼のFM攻略日記さんの記事を参考にさせていただきました。

BGやBBMが動いて空いたスペースを使われることが減って守備は前半より安定。
攻撃でも56分、ムッシ→ジレット→マィエフスキ→ミラーとボールを繋いで素早く縦に運び

00104.jpg

ブラックストックが先制弾。


勝てるかなと思い始めた終盤の89分に
プレッシャーをかけ続けるノリッジの圧力に負けてムッシがボールロスト。
これを繋がれてファン・ウォルフスウィンケルに押し込まれて同点とされ延長戦になりましたが
早めの交代を行っていたノリッジはもはやガス欠。

運動量もパス精度も下がった相手に攻めに出て、
106分、ランズベリーのドリブル突破からミラーが勝ち越し、112分にはブラックストックが加点。
ノリッジは再び前掛かりになるも、右SBが負傷退場となり勝負あり。

00105.jpg

00106.jpg

さすがにプレミア相手だと選手の能力差もあってボールは持たれますが
(というかうちはCSでもボール持ててないけどね!)
ノリッジのシュートはエリア外からがほとんどで、さほど危ない場面はありませんでした。

そういえば、13でほとんど決まった覚えがなくて、なんとなくその感覚のまま
今の戦術でも基本的にシュートは控えさせているのですが14ではロングシュート、どうなんですかね…
ミドルレンジでさえ、裏抜けしてフリーとかでない限りは大概止められてるような。

00107.jpg
ノリッジのシュート記録。

00108.jpg
レッズのシュート記録。

うーん。わからん。


ともかくこれでリーグカップは準々決勝に。
その後次戦は12月中旬、アウェイでAstonVillaと決まりました。
ホームじゃないので入場料収入がないのは残念。


■ vs Blackpool (11/2 Sat,Home,Championship)
延長戦から中3日、回復十分でない選手はベンチからも外しユース組を数人控えに入れたメンバー。
各ポジション2名ずつの選手層は確保しているのでチームは対応は出来ますが
延長線で俺監督が疲弊してるのが何より問題です!

ゲーム内ではブラックプール監督はまだポール・インス。
現実では1月に解雇されたようですが。
レンタルしてた息子もクリスタルパレスに戻ってますねー。


00109.jpg

試合は、HobbsがCKから挙げた虎の子の1点を守り切っての勝利。
守備面でも38本のクロスを跳ね返し続けてくれました。

00110.jpg

試合を見ている印象ではあまり良くないパフォーマンスに見えていて、
実際、こうやってスタッツを見てみると全般的に良くないなぁと。
どこが良くないのかと言われると、うーん、と悩んでしまう感じなのですが。


■ vs Leicester (11/9 Sat,Away,Championship)
レスターといえばそりゃもうギャリー・リネカーですね。
名古屋グランパスに来た時のダメっぷりはおじさんもう絶対忘れません。
あれほどの期待感→失望感の落差はそうそう味わえませんよ?

そうそう、阿部勇樹もここに一時期籍を置いていましたねぇ。
エリクソンが監督で期待されていながらもCS中位を彷徨っていた覚えしかないですが…

それはともかくこの箱庭のレスターは11位のメディア予想を覆して4位。
直前のカップ戦こそ負けていますが、CSでは6連勝中と好調です。


試合は8分に先制。

00111.jpg

CKから

00112.jpg
ヘッドで落として

00113.jpg

ズドン。

さらに11分。

00114.jpg

CKを跳ね返されて、拾ってクロス。

00115.jpg

ヘッドで落として

00116.jpg

もっかいズドン。

その後試合は落ち着きましたが、43分、レスターCBのWhitbreadがレイトタックルで一発退場。
前半終了間際にCKからWoodのヘディングで失点し、2-1でハーフタイム。


後半が始まってみると、レスターの動きが前半より良くなって
1人少ないにも関わらず運動量で圧倒されてしまいました。
72分に選手交代でスピードのある2人に入れ替えてからは一段と顕著に。
こちらも手をうとうとした矢先の76分、

00117.jpg

マィエフスキの不用意なドリブルをカットされ

00118.jpg

拾ったホブスはプレッシャーに慌てて中途半端なボールをGKに出してしまい

00119.jpg

Schluppに詰められて同点にされてしまいました。

他にもミスの多かったホブスと右WBに交代選手を投入して立て直しを測りましたが
もはや流れは完全にレスターに。
効率よくパスを回されて守備は完全に後手に回ってしまい、
84分には再びCKからWoodに決められてしまい逆転。

その後はボールを回されてチャンスを作れず、今季2敗目。

00120.jpg

00121.jpg

負けたのは仕方無いとしても、流れの中でチャンスが作れていないのは問題です。
今日の2得点はCKからのものですし、前節も決定機4度ながらも結局CKからの1点のみ。
常に狙い通りに試合が進められるわけではないのですがちょっと心配。


■ vs Burnley (11/23 Sat,Home,Championship)
代表戦を挟んでバーンリー戦。
バーンリーとバーンズリー、似た名前のチームがあってややこしい。

この試合の前の代表ウィークでは、ヴァスとラサドが代表初得点、
GKダルロウがウェールズ代表デビューしました。
嬉しい半面、代表戦で選手が疲弊したり、酷いときは怪我をすることもあるので悩ましいところです。
もちろん代表に入ることで評価額も上がり、売値が上がるというメリットもありますけどね。

先日代表初得点を決めたブラックストックも招集されたのですが

00122.jpg

代表監督が出場時間を45分に制限したのを無視。

00123.jpg

もう出さないとキレたら

00124.jpg

後出しで言うなやこのハゲ。詫び入れんかったらもう親善試合は貸さんぞ?


しかしFMやってなかったらアンティグア・バーブーダなんて国、知らないまま一生終わってたなぁ。
まぁ知ったからといってどうにか変わるわけでもないですけどね!


で、試合の方はまたもや微妙な出来。

00125.jpg

コックスとマッキーの4試合ぶりの得点で2度追いついたことは評価。しかし…うーん。


00126.jpg

今回も流れの中では決定機を作れませんでした。(2得点ともセットプレイから)
かといって明確な原因が分からないんだよなぁ…



■ vs Reading (11/30 Sat,Home,Championship)

メディア予想3位、現在の成績も3位、強豪レディングとのホーム戦。
リーグ最小失点チームとこのタイミングで当たるというのはなかなかハードですなー。

00127.jpg

今回は4-1-2-1-2でベストメンバーを組んで挑みます。


レッズボールでキックオフ。
ボールを受けたランズベリーが前線へ走り出すマッキーへパス。

00128.jpg

マッキーはドリブルで1人かわし、マークに来たCBも引き連れて更にドリブル。

00129.jpg

そして見事な切り返しからコックスへのスルーパス。

00130.jpg

オフサイドを破ったコックスが左隅へ流し込む。
12秒での先制点でした。

あとで記録を確認してみると

00131.jpg

わーい!歴史に名を刻んだ!




00132.jpg

62分にCKからの得点で突き放して無事勝利したのですが

00133.jpg

なんで勝てたのか不思議なくらいの出来の悪さ。
ちょっと戦術を組み直したほうがいいのかもしれない。


11月が終わったところでのリーグ順位。
00134.jpg

他チームも星を落としたおかげでまだ首位。

12月は後半にリーグカップでアストン・ヴィラ、6位バーミンガム、2位QPRとの3連戦が待っています。
この3連戦までにしっかりとチームを立て直さないとなぁ…
  1. 2014/02/23(日) 23:35:16|
  2. FM2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nottingham Forest 13-14 その6。

首位に立った我らがレッズ。
10月は同勝ち点で並ぶチャールトン戦からスタート。

今のところ、ゲーム内はこの10月まで進んでいますが、
11月からはゲームプレイと並行していくことになるので、少しペースは落ちそうです。


■ vs Charlton (10/1 Tue,Away,Championship)
イングランドでの成り上がりプレイで結構チャールトンに負けてるんですよね私。
過去作でも連勝止められたり、昇格のかかった大一番で痛い目に遭ったり…だからちょっと苦手です。

チャールトンはオーソドックスな4-4-2、こちらはいつも通り3-3-2-0-2で試合開始。
前節ダービー戦での疲労もありサブメンバー主体です。


序盤こそ互角でしたが、戦術に手を入れた20分ごろから徐々に押し気味の展開に。
ポイントは右サイドの攻防でした。

00083.jpg
00082.jpg

この試合のフォーメーションはこんな感じです。
ズレてるけど気にしない。

当たり前のことですが、この組み合わせだとサイドの攻防は1:2なので圧倒的に不利になります。
さらに右SBのLobatoは本職がウィングで守備力にはあまり期待できません。
実際、両サイドがやや押され気味だったので、修正を入れました。

まずはこちらの右サイド寄りにいる選手たちにはプレスを強めるように個別指示を出し
いつもはアンカーとして置いているDHの役割をボールゲッターに変更。
こうして右サイドの守備をフォローさせるようにした上で、
チーム全体には左サイドから攻めるように指示しました。

チャールトンの右サイドはSH・SBどちらも運動量はあるものの
スキルも守備力も低い選手だったので、Lobatoに攻めさせて守備を崩そうと考えた次第です。

で、その結果こうなりました。

まずはチャールトンのインターセプト。
インターセプト

そしてタックル。
タックル

緑○が成功したところですが、チャールトンの右サイド守備が機能していないのが分かります。

この局面での勝負に勝ったことで形勢は一気にこちらへ。
そして終わってみれば

00086.png

アウェイ戦ながらもブラックストックさんのハットトリックというオマケつきの快勝。

00087.png

決定機・ハーフチャンス合わせて13回のうち、ほとんどが右サイドの崩しからでした。
本来なら上位対決でアウェイ戦、更に前半20分なんてタイミングで
こんなリスクの高い選択なんて出来ませんが、
自分にとって苦手なチャールトン戦という意識があったのが後押ししました。

監督としては嬉しい勝利で単独首位に!


■ vs Brighton (10/5 Sat,Away,Championship)
メディア予想6位の強豪、ブライトン。
中位に低迷していてこの勢いで勝ち星を! …と意気込んで望んだものの。

00088.jpg

まさかのスコアレスドロー。

00089.jpg

チーム全体でパスが繋がらず、特に中盤3枚が酷い出来でした。
支配率・パス成功率とも論外なレベルで、DFラインからのロングフィードでしか決定機を作れませんでした。
ここまでの枠内シュート率が43%のマッキー、46%のコックス共に枠内シュートは0本。
枠に飛んだのは、CKからのホブスのヘディングのみ…
修正しようにも悪いところが多すぎて、どこから手を付けるべきか迷っているうちに時間が経過。

いやもうホント、負けなくて良かったという試合でした。


■ vs Bournemouth (10/19 Sat,Home,Championship)
次はリーグ1からの昇格チーム、メディア予想21位のボーンマス戦。
代表ウィークを挟んで休養も十分、
ホームだけにしっかり勝って前節の不調を断ち切りたいところでしたが…

00090.jpg

教科書のような崩しから2失点を食らい同点止まり。
試合を見ていて前節よりかなり改善はしましたが、相手の出来が良かった。
下を向くような内容ではないのでチームトークは「不運だった」とすると選手も同意見だった模様。


00091.jpg

内容はともかく、問題は序盤の好調さからCFの軸にしていたマッキーが、前節に続き大ブレーキだったこと。
9/21のドンカスター戦以降得点がなく、枠内シュート率も急激に低下しています。
一方、2番手のブラックストックは9月のウィガン戦、前々節チャールトン戦と
最近の先発2試合でハットトリックの活躍中。代表戦でも3試合2得点と好調です。

CFの序列を考えなおすべきかなぁと迷いつつ、次戦の準備へ。


■ vs Yeocil (10/26 Sat,Away,Championship)
メディア予想24位、つまり最下位予想されているヨーヴィル戦。
現在も降格圏に沈んでいます。
今度こそ確実に勝ちたい試合ですが、CFをどちらにするかで非常に迷う。

00092.jpg

FFP規約のことを考えても、給料の高いマッキーは順位を下げるべきかなーと
仕事しながらずっと考えていたのですけど、結論は出ず。
ともかく今節は先発をマッキーに。


開始4分、危機感を感じたのでしょうか、マッキーがいきなり決定的な仕事。

00093.jpg

ランズベリーからの早いタテパスを

00094.jpg

ダイレクトでコックスにスルーパス。上手ぇ!!!
これをゴール右隅に決めて先制。


幸先の良いスタートながら、今日は両WBが低調でパスミスを連発。
11分には自陣エリア内に侵入されたところにJaraが後ろからのタックルで足を引っ掛け、PKを与え同点に。

機能しない両サイドには内に切れ込むの指示を取り消し、チーム全体に中央突破を指示。

すると34分には、

00095.jpg

コーエンの縦パスを

00096.jpg

コックスがヘディングで折り返し

00097.jpg

反応したマッキーがDFを振りきって約1ヶ月ぶりのゴール!


試合終盤にもマッキーはドリブル突破から得点を上げ、見事に名誉挽回。

00098.jpg

久しぶりの快勝です。

00099.jpg

うちのキーポジションは両WBで、この二人がどれだけ攻撃に絡めるかがバロメーターにもなっています。
この試合では二人の出来の悪さから中央を攻める形に切り替えたのが功を奏しました。

マッキーの2得点1アシストは嬉しいのですが、財政状況を鑑みると実はかなり厳しい状況です。
FFP規約遵守のためには、マッキーの週給235万は出来れば削減したいところ。
ひとまずは両者をローテーションで使うこととして、冬市場で売れそうなら手放すことにしたいと思います。


00101.png


10月はあと1試合リーグカップ4回戦がありますが、今日はひとまずここまで。
無事首位を守り切りました。
約1/4を終了した時点で、得点30はリーグ1位、失点は6位と良い結果です。

全体を見てみると、メディア予想が下位だったチームが健闘しているのが目立ちます。
予想23位のDoncaster、同19位のSheff Wed、同18位のBirmingham、同14位のCharltonなどがそうですね。
無論、9位予想ながら1敗のみしかしていない我々レッズもその部類ですね。

一方で、低迷しているのはWigan。メディア予想1位の昇格候補筆頭ですが
昨年のFAカップ優勝で得たヨーロッパリーグ参戦が重荷になっているのでしょうか、
2連続降格もあり得るような出来の悪さです。

チャンピオンシップは1・2位が自動昇格、3~6位は昇格プレーオフを戦い1チームが昇格します。
首位である我々ですが、あくまで目標は昇格すること。
何よりも6位以上を維持、出来れば2位以上、理想は優勝、という感じです。

まだまだCL優勝までは遠い道のり。
焦らず、一歩ずつ。
  1. 2014/02/22(土) 01:31:01|
  2. FM2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nottingham Forest 13-14 その5。

9月頭は代表ウィーク。

理事会

理事会からは一定の評価を貰えている様子。
心配なのはファイナンシャルフェアプレイ規定(FFP)。
今のところ規定はクリアしていますが
人件費はもう少し抑えないといけなくなるかもしれませんねぇ…


と思ってたでのすが、我慢できずに獲っちゃいました。

でらぺーにゃ!

元スペイン代表MF、デ・ラ・ペーニャさん。
素晴らしいパスセンスの持ち主で、大好きな選手のひとりでした。
コーチとしての能力は凡庸ですが俺監督としては非常に満足な補強。

そして代表の試合でBlackstockがアンティグア・バーブーダ代表初得点を記録。

初得点おめでとう!

2014だとこういう時にプライベートチャットへのリンクがあるので便利ですねー。
って今になってよく見たら士気下がってるじゃないですか!
アンティグア・バーブーダからイングランド2部なんて、既に伝説的存在のような気もします。

こりんずも!

ついでにコリンズも初得点。こちらにもお祝いの言葉を送る。


さ、リーグ戦再開。

■ vs Barnsley (9/14 Sat,Home,Championship)

結果

スタッツ

代表ウィークで試合間隔が開いたので試合勘が鈍ってしまったのが原因なんですかね。
メディア予想22位の降格候補相手に、全得点がCKからという凡戦に。
試合中色々と手は打ってみたのですが…全く効果ないまま終わってしまいました。


■ vs Middlesbrough (9/17 Tue,Home,Championship)
メディア予想7位のミドルズブラとのホーム戦。

結果
相手CKからのオウンゴールで失点後、反撃に出るもシュートが枠に飛ばない。
さらに悪いことに、59分にはプロフェッショナルファウルでラセルスくんが退場。

ホーム戦は落としたくなかったのでCBは2枚のままで4-3-2にシフト。
ミドルズブラに何度かチャンスを作られかけますが、なんとか凌ぎ
ロスタイム、カウンターからラサドのゴールで同点に追いついて終了。

スタッツ
前節以上の塩試合。今は我慢、我慢。


■ vs Doncaster Rovers (9/21 Sat,Away,Championship)

メディア予想23位のドンカスター戦。

結果

早いうちにリードを奪い追い上げられるというバーンズリー戦と同じ展開。

スタッツ

どちらも惜しい場面は何度も作るけど、決定力不足でもどかしい。
61分に相手退場で有利になっても展開は変わらず。
チャンスは作れているので特に手は打たずこのまま行きます。


■ vs Wigan (9/24 Tue,Away,LeagueCup)

リーグカップ3回戦、前回勝利したウィガン戦。
EL参戦している影響なのか、コンディションは良くない様子。
アウェイ戦なので収入があまりないのは非常に残念なところ。

…しかしリーグカップもFAカップも、抽選前後で対戦した相手と再戦になること多くないですか?


結果

昇格候補筆頭に再び圧勝。
序盤に先制、その後は互角の展開が続きましたが、Wiganがバテ始めた後半は完全に試合を支配。
ブラックストックはハットトリックと大爆発。でかした!

スタッツ

キープレイヤーをしっかり抑えられたことで、Wiganに決定的な場面は一度も作らせないままでした。
内容も満足できるもので、良い感じのまま次のローカルダービー、Derby戦を迎えられそうです!


■ vs Derby County(9/28 Sat,Home,Championship)

いよいよダービー・カウンティとのダービーマッチ。
ノッティンガム・フォレストのライバルは他にもいるのですが
CSに今いるのは、レスター・シティとこのダービー・カウンティの2チームです。
FMプレイヤーにはお馴染み、Will Hughesのいるチームですね。

現在ノッティンガム・フォレストは首位チャールトンと勝ち点2差の2位、
一方ダービー・カウンティも16位のメディア予想を覆し昇格プレーオフ圏の6位に付けています。
ダービーマッチは好調同士の対戦になりました。
初のTV中継も入り(放映権料うめえ!)、気合の入るところです。

ダービーは4-4-2、レッズはベストメンバーを揃えた3-3-2-0-2で臨みます。

その結果。

結果

序盤から入れ込み過ぎなダービーの選手たちはファウルを連発。
PK2本とCKからのゴールで前半のうちに勝負がつきました。

スタッツ

こちらのファウルは半数以下。試合中も選手たちは終始落ち着いていました。
決定機3ハーフチャンス2を見て「そんなにあったっけ?」と思うほどに危険な場面もなし。


ところで、試合中にアシマネから色々と助言が出てきますよね。
それを結構聞き入れていたのを、前のウィガン戦とこの試合はそこをかなり無視してました。
まぁサボっていたといえばそれまでなのですが
自分の目で見て調整するほうが安心だと改めて感じた次第です。


この勝利で、引き分けたチャールトンに勝ち点で並び得失点差で首位に。
そのチャールトンとは、10月初戦で対戦します。


月間監督賞

ついでにで9月の月間賞も獲得。

怪我人も最長で2週間、人数は数名出た程度で、ここまでは非常に順調なスタートを切れています。
微妙だと思っていたCFたち、特にブラックストックとマッキーが活躍しているのは嬉しい誤算でした。
彼らが好調なうちに少しでも勝ち点を稼いでおきたいですねー。
  1. 2014/02/21(金) 01:46:39|
  2. FM2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nottingham Forest 13-14 その4。

■ vs Bolton (8/17 Sat,Home,Championship)

練習中の怪我でCoxが離脱、Lassadは体調回復しきっていなかったため、
F9にMackie、CFにBlackstockを配置。
Boltonの4-2-0-3-1に対してこちらは4-1-2-1-2。

立ち上がりはCH2枚へのプレッシャーが緩く、引いてきたMackieとの連携から
2分にMackie、4分にBlackstockと立て続けにゴール。

2点目。

と、幸先は良かったのですがー。

しばらくは五分の展開が続き、30分には左CKからLee Chung-Yongにニアに飛び込まれて失点。
さらに前半ロスタイムには、中途半端なクリアボールをカットされて
そのまま速攻からマークを振り切ったLee Chung-Yongにファインゴールを決められました。


ハーフタイム、組み立ては機能しているのでそのままにし
トップ下で攻撃の起点になっていたMoritz対策として、BBM(BoxToBoxMF)のGillettにマンマーク指示。

これでBoltonの攻撃は、両ウィングによるドリブル突破だけになり、危なげなく跳ね返せるように。

一方で序盤の2得点以降は好機を作れずにいた攻撃陣は
最前線のBlackstockが全く絡めなくなっていたために52分Lassadを投入。
彼をF9に、CFにMackieとすると、AMCも含めた3人でチャンスを作れるようになりました。

そして64分、待望の勝ち越しゴール。
3点目!

DFとの競り合いからこぼれたボールをかっさらい独走したMackieが勝ち越しゴール!

73分には、

ボールキープから

バイタルエリアに上がってきたGillettがCBを引きつけて

スルーパス!

Lassadへのスルーパス。これで4-2となり勝負あり。

終了間際にはこの日中盤で大活躍してくれたGillettがパスカットから持ち込んで5点目。

終わってみれば5-2で大勝。チームトークでは選手たちを賞賛して士気さらにアップ。
結果
MVPは2得点アシストのMackieですが、俺監督としてはGillettにあげたいところ。
放出候補だったので選手紹介ではスルーしていましたが
スキルは低めですが、BBMとしては運動量・チームワークどっちも16なのが効いているのか、
攻守両面で積極的にボールに絡んでおり、上手く使えば十分な戦力になってくれそうです。

スタッツは以下。
スタッツ
メディア予想5位のBoltonは我々よりも高い評価を得ている初めての相手。
強豪相手にこれだけの決定機を生み出せたことで、今の戦術にはちょっと自信を持てました。
守備面では2失点したものの、これは相手のスピードにやられたという感じ。
なのであんまり気にしていません。

試合後のチームトークもハマって選手全員の士気が上がったところで次の試合。


■ vs Watford (8/24 Sat,Away,Championship)
我々レッズ同様の3バックで迎え撃つワトフォード。
中盤の並びはCH2枚+アンカーのレッズに対し、ワトフォードは3CHが横並びの形。
メディア予想4位、昨シーズンは3位でプレーオフに進出しており、強いチームです。
特にCH3人がいずれもパス能力に優れていて、今日もボール支配は期待薄です。

結果。
結果
Lansburyのファウルで与えたPKを決められて先制され
終始ボールを支配されましたが、決定的な場面は作らせず耐え続け
Cohenのミドル2発で逆転勝利。
Away戦でしたが格上相手に逆転勝利!

スタッツ
支配率は圧倒的。中盤3枚だけで比較すると、
ワトフォード:パス本数304本 成功279本
ノッティンガム:パス本数147本 成功107本 と倍以上のパスを通されています。

数字だけで見ると、好き放題されてるように見えますが
CHにタテの動きが乏しかったワトフォードは、ほとんどが横へのパスでした。
一方でノッティンガムは、キーとなるパスが7本(ワトフォードは3本)。
特に「ポジションを離れていい」と個別指示を出しているBBMのCohenは
機を見て前線へ飛び出すことでタテへとボールを引き出しており、この点が大きな違いになりました。

もちろんそこに穴が出来るわけですが、これをカバーさせるためにDHをアンカーにしています。
このデータを残してハーフバックも試してみたのですが、違いがいまひとつ分からず…どう使うんだろこれ。


■ vs Huddersfield (8/27 Tue,Home,LeagueCup)
中2日でリーグカップ2回戦。相手は開幕戦の相手ハダーズフィールド。
カップ戦は基本的にサブメンバー主体で臨みます。

右CBのLascellesが非常に不安定な出来で、前半2失点。
1点目はファーサイトへのCKを簡単に折り返されてダイレクトボレー。
2点目は右からの速いクロスに対してニアへの飛び込みを許してしまい失点。


期待の若手ではありますが、今日の出来ではさらに失点を招きかねないため前半終了とともに交替。
ハーフタイムのチームトークは厳しい言葉で奮起を促します。

その結果。

結果
後半3ゴールで大逆転勝利!

スタッツ
後半盛り返してなんとか体裁を保った、という感じです。
前線の決定力に助けられた試合でした。

まだ19歳ですが、この日のキャプテンを任せたラセルスを早くに交替したことは
彼のメンタル面に影響していないか心配しましたが、

らせるすのこめんと。

問題なさそうです。焦らず育てていきたいなー。


8月最終戦となる次戦は、メディア予想1位、WiganとのAway戦です。


■ vs Wigan (8/31 Sat,Away,Championship)
昇格候補筆頭らしく、戦力も充実したチームが相手です。
昨シーズンはプレミア18位となり降格しましたが、FAカップではマンチェスター・シティを破って優勝しています。
中村俊輔がセルティック時代にチームメイトだったショーン・マロニーや
日本とも対戦したオマーン代表GKアル・ハブシ、
香川真司と一緒にマンチェスター・ユナイテッドの入団会見に臨んだニック・パウエルなど
ベテランから若手まで好選手が揃っています。


カップ戦を休ませた主力が万全の状態でスタメンに揃う我々レッズにとっては、自分たちの力を測ると共に
ここで良い結果を出せるようなら、昇格に向けて一気に弾みがつきそうです。

Wiganは中盤フラットの4-4-2,こちらは3-3-2-0-2で試合開始。

前半5分に早くも大きなチャンス。
右サイド突破
Jaraの右サイド突破から、

先制!
ゴール前に飛び込んだCohenのヘディングで先制!
幸先の良いスタートです。


しかし20分、ありえないミスで失点を招きます。

無事キャッチ
イージーなシュートをキャッチしたGKのDarlow。

さー攻めるぞう!
相手FWが近くにいるのになぜか目の前のKeaneにスローイング…

ちょ、なんでこっちに出すのよ!?
プレスを避けようとKeaneがボールを戻すと…

急に返されたら…ああああ!!!

コケた。

ゴチです!
弾いたところを簡単に押し込まれて失点。


これは恥ずかしい。
自分なら即交替させてくれと要求するレベル…



が!


そんな窮地を3バック戦術の肝である両WBが救ってくれました!

クロス!
39分、オープンスペースに出したボールに右WBのRoweが追いついてクロス。

FWには合わずにそのままゴールエリアを横断しそうなボールに…

勝ち越し!
Jaraが飛び込んでダイレクトボレー!

今回も画面外からの猛ダッシュでした。
こういう得点は気持ちいいですねー。

後半はやや押され気味な展開でしたが、相手の両サイドハーフをしっかり抑えて
前線へのボール配給を困難にし、危ない場面を作られないまま終了。

結果
ロスタイムにJaraが2枚目のイエローで退場になったのは残念ですが
優勝候補筆頭を相手に勝ち切れたのは大きな成果です。

スタッツ
相変わらず支配率は50%未満が続きますが、今の戦術ではやむを得ませんね。
パス成功率がなかなか改善出来ない点は今後の課題です。

8月は前線の決定力に助けられた1ヶ月でした。
この試合でも13本中7本を枠内に飛ばしており、この点が勝ちきれているポイントではないかと。
個人能力に依存しているということでもあるので
この辺はチームとして決定機をより多く作るなどは考えて行く必要がありそうです。


長々とやってきましたが8月が終了。

8月全成績
縮小してるのでちょっと見辛いかもですが、今月の全結果。

1試合平均2.4点(リーグのみ)は上出来なのですが
格下相手のリーグカップ初戦を除くと毎試合失点しているのはちょっとなぁという感じ。

難しいけどこうやって試行錯誤して改善していくのはFMの面白さですなー。



というわけで次回は9月へ!
  1. 2014/02/20(木) 03:34:31|
  2. FM2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nottingham Forest 13-14 その3。

戦術練習もまだまだ不十分、チーム連携にまで時間を割けず、と
かなーり不安なスタートではありますが、試合は待ってくれませぬ。

いよいよ開幕、まずは初戦!


■ vs Huddersfield (8/3 Sat,Home,Championship)
相手のチーム情報見たらHerbert Chapman(WMシステム考案した人)の名前が!
1921-25年に監督をしていたとか。

それはともかくハダーズフィールドのメディア予想は20位。
The City Groundでのホーム戦ですし、勝って勢いをつけたいところ。

フォーメーションはメインとして設定した3-3-2-0-2。
新加入が多くてチーム連携もまだまだ、戦術習得度も非常に低いせいか
序盤からボールを支配される苦しい展開でしたが…

前半20分、Cohenの左コーナーキックから
左CK

CBのHobbsがヘディングでチーム初ゴール!
今季初得点!


23分には不用意なファウルからPKを取られて同点にされたものの、
後半に入って57分、今度は右のオープンスペースに出したパスに
右WBのJaraが追いついてファーサイドへクロス。

2点目アシスト

ファーサイド誰もいねえ!ゴールキーパー弾いてるのに!と思ったら…

2点目!

左WBのRoweが画面外から飛び込んできてダイレクトボレー!

WBには両サイドともに前へ出る・内に絞るを指示しているのですが
こう動いて欲しい、と期待していた動きをしっかりしてくれています。
2014になってからは他のポジションでも
2013以前より想定に近い動きをしてくれるようになったなーと感じますね。

その後はバテた選手を入れ替えつつ、全体的に引き気味にしてカウンター狙い。
90分にはクリアボールをうまくかっさらったMackieのスルーパスをCoxが決めて勝負あり。

結果

3-1でまずは白星!

スタッツはこんな感じでした。
スタッツ

勝ったとはいえ褒められた内容ではありません。
ボール支配率が低いのは織り込み済みなのでさほど気にならないのですが、
パス成功率で劣り、決定機を1度しか作れなかったのは大きな課題。
戦術練習と相互理解が進めば、もう少しマシにはなるでしょうが…


試合後記事
MoMは勝ち越しゴールを決めたRowe。でも偶然のシュートとか言われてるのは何故。



■ vs ChesterField (8/6 Tue,Home,LeagueCup)
中2日でリーグカップ1回戦。
相手はリーグ2(実質4部)と2つ下のカテゴリーのチームです。
選手をサブメンバー主体に入れ替えて対戦。

LC1回戦結果

LC1回戦スタッツ

LC1回戦記事

4-0で完勝!

スタッツを見ると前の試合と同じような感じに。
相手がさらに格下になったので、DFラインを上げて支配率改善を目指したのですが、全く成果無し。
むしろDFが裏を取られる場面が目立ったので、結局下げました…

翌日、2回戦の抽選結果は開幕戦の相手だったHuddersfieldに決まりました。

■ vs Blackburn (8/10 Sat,Away,Championship)
ブラックバーンはメディア予想13位。
11-12シーズンまではプレミアにいたのに落ちぶれたなぁ…
こちらは4-1-2-1-2で挑みます。

CS2節 1失点
33分、DFライン裏にJudge→Marshallとスルーパスを通されて綺麗なミドルで先制される。

38分に反撃。
1点目アシスト
ロングパスをカットして中盤で繋ぎ、Cohenがスルーパス。

1点目
オフサイドトラップを破ったCoxがゴール左隅へ同点弾! がしかし…

直後のキックオフから下げたボールを受けたDFラインから
ロングパス
味方DFライン裏へロングパス!

また裏へ!
再びMarshallに裏抜けされ

そして失点
1分で突き放される…

全体的に動きが鈍く、前半終了時のボール支配率は38%。
ゲームメイカーであるLansburyのパスミスが目立ち、攻撃を組み立てられていません。

ハーフタイムに激を飛ばし、Lansburyを運動量のあるSimon Gilletに交替。


パスが繋がり始めた51分、中盤での細かいパス回しから右サイドに展開。
するするっとオーバーラップしたJaraが
2点目アシスト
DFをかわしてクロスを入れると…

追いついた!
AMCのMajewskiが飛び込んでゴール!再び同点!

よく見たらゴール前に5人もいるし。なんだこれ。


その後は五分五分の展開でしたが、71分3たびDF裏に抜けたMarshallにファウルを犯してしまい
FK
MarshallからのそのFKを

3失点。
Spurrに飛び込まれて再び突き放される…
マークしていたGilletが完全に振り切られてしまいました。


攻撃的な選手を投入して挽回を図るも、終了間際の決定機はGKの好セーブに阻まれて終了。


結果

スタッツ

記事

MoMは2得点1アシストのMarshall。
我々The Redsは凡プレイとか言われる始末。
パス成功率65%はさすがに酷い出来で、さもありなんという感じ。

ですが、押され気味の展開でもしっかりとチャンスは作っています。
まだ頻度は低いですが、良い連携で崩す場面も見られますし
時間とともに良くなっていくのでは、という期待感は十分です。

しばらくはこの路線でやっていきたいなと思います。
ではでは。
  1. 2014/02/18(火) 23:48:34|
  2. FM2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

goechan

Author:goechan
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
FM2014 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。